櫓を貰っちゃいました

世話になっている建設会社の倉庫2階にミニボートが置いてあってもし興味が有ればあげますよとのこと。
ボートはこれ以上持ってても面倒見切れないんですが興味が有ったのはミニボートと一緒に置いてあった櫓。一度SB1を櫓で漕いでみたいと思っていたんでまたとないチャンス、お願いして櫓をいただいてしまいました。これ結構長くって3mほどあります。













長い間倉庫に眠っていたみたいで埃が積もっていたので先ずは水洗い、洗車ブラシで奇麗にしてあげました。
ただ埃は落としたものの表面は木材が劣化してフカフカの状態、スポンジに近い表面が水を吸ってしまい乾くのにかなりの時間が掛かりました。
乾いたところで怪しい部分を爪でちょいとほじくってみるとこんな状態に。
またしてもSB2のバウスプリットの悪夢が思い出されます。
この他、櫓のエッジ部分が欠けていたり、 ひび割れも多数見られてこのまま使うにはちょっと厳しい状態です。
多分ですが倉庫に仕舞われる前にかなり長期間雨ざらしの状態でほったらかしになっていたものと思われます。
この表面は凸凹でおまけにエッジ部が欠けた状態の櫓で漕いでもきっと効率悪いんでしょうね。
何たって櫓の推進原理はオールと全く違って船のスクリュー、飛行機のプロペラと一緒ですから表面に乱流が出来ると効率がた落ちになりそうです。
藤壺が付いたスクリューで走るようなもんだと思います。
ということはこの櫓を使うためには手直しから始めなきゃいけません。

さてさて、SB1の櫓が先か、SB2のYCエンジンオーバーホールが先か悩んでしまいます。
櫓の手直しはエポキシ樹脂の出番でしょうから硬化に時間が掛かるし、同時進行がいいのかもーーー。
と悩みながら一杯やって夜も更けていきます。

0 件のコメント :

コメントを投稿