船を作ろう マスト製作 その2 Tomi 2014/9/17

 節を削り終わりましたが、この竹、何の種類なのか良く判りません、表面に白い蝋(パラフィン)状のものが付いています。
先々の塗装邪魔になりそうなのでアルコールとかシンナーで拭いてみましたがどちらも効果なし、まったく歯が立ちません。
どうも物理的にこそぎ落すしかなさそうです。
と、言うことで、 この蝋のようなものをサンドペーパーで落としてみることにしました。 どうせ塗装のときには面を荒らさなきゃいけないし、乾燥促進と一石二鳥かも? 

手が疲れましたが表面が大分白くなりました。 ペーパー掛けをしているときに草刈のときのような匂いがしましたがまだ竹が若すぎたんでしょうかね。 竹の加工についてちょっと勉強してみました。 あまり竹製マストの記事は見当たりませんが、竹製の釣竿の記事はよく見かけます。 それによると竹は3年生以降でないと強度が弱いそうで、また強度を増すために火入れといって 140~180℃で1時間ほど加熱するらしいです。 うーん、自分で管理している竹林なら年齢も分かるかもしれませんが他人様の土地に生えてる竹だし、 細い釣竿ならまだしもこの太くて長いマストの火入れなんて無理そうです。
 早く新しい帆を試したいので青竹のまま使ってみることにします。 

0 件のコメント :

コメントを投稿