トレーラー 外部給水ホース接続口

数日前にホームセンターに行ったときにこんなものを見つけました。 サイズ変換金具とめくら蓋です。
これだったら確実に外部給水ホース接続部の止水が出来そうです。

以前ここから水漏れした時には(あら水漏れ参照)塩ビ改造パーツ✙コルク栓では接うまく止水が出来なかったので内部のホースにラジカセのつまみを突っ込んで止水してしまいましたが元に戻すことにしました。
まずはダイネットのシートをめくりホースを元のようにつなぎ水圧がかかってもすっぽ抜けないようにホースクランプでしっかり締めておきます。

内部がもとに戻ったところで外側にめくら蓋を取り付けて完了、のはずだったんですがーーー。
テストとしてキッチンにある給水ポンプのスイッチを入れましたがポンプは間欠運転を続けて止まりません。
外に回ってめくら蓋を見てみるとねじはしっかり締めたはずなのにかなりの量で漏水しています。 なんで??

きっとパッキンが劣化しているに違いないとホームセンターまで走り新しいものを買ってきました。
古いパッキンはメッシュフィルターと組みになっていて新しいパッキンにするとフィルターは無くなってしまいます。
どこはドンマイで新しいものに交換、しっかり締めて再テスト。
あれれ、以前にもまして漏水がひどくなりました。再び??。

しっかりねじ込んだつもりがパッキンを押さえていないようです。
それならばということで古いパッキンを再度取り付けこの上に新しいパッキンを追加してねじ込んでみました。
今度は締めていった時の手応えが違います。
で、3度目のテストをすると、やっと水が漏れなくなりました。

ここでやっと車体側と蓋側のねじピッチが違っていることが原因でパッキンを押さえるところまで進まなかったのが原因だったと分かりました。 はい、インチとミリの違いです。
径が同じなんでしっかり騙されてしまいました。

こうなると受け側も含めてすべて日本の水道仕様に変えたくなりますね。欲を言えばもう少し出っ張りも少なくしたいんですがそれにはもう少しパーツについてのお勉強が必要です。
ま、水は止まったし、見栄えも以前よりうんと良くなったので結果OKとしましょう。これが以前の写真です。

0 件のコメント :

コメントを投稿