トレーラー ドア開口部切り出し(トリマービットにトラブル発生)

接着剤が固まったので枠からはみ出したベニヤ板と開口部の切削を行うことにしました。

今まではこんな時には回し引き鋸と鉋を使っていましたが今回は新兵器「電動トリマー」を使ってみることにしました。
クローゼットドアを作り直すときに購入してたんですが使わずじまいで寝ていたものです。
使ったのはコロろ付きフラッシュビット、枠にコロを沿わせて動かすと切削面が枠と同じになってくれるというものです。



外側は枠に沿って動かすだけですが 開口部を切開けるときにはまずビットが入る大きさの穴を開けてここにビットを突っ込んで枠に沿わせて動かします。
ドアノブと明り取り窓の開口部まではうまくいったんですが一番大きなエアコン取り付け部を切削するときにトラブル発生。
「こりゃーいいな」なんて思っている矢先になんかトリマーの動きが重たくなってあれっと思ったときにはこのありさま、枠まで食い込んで削れています。
え、何んで?ってことでビットを見てみると先っぽのコロが無くなっています。
 床を調べたらワッシャー、コロ、止めねじが転がっていました。
これが拾い集めた部品。
新品を初めて使ったのに何このトラブル、怒むかっ💢

藤原産業のE-Valueなるセット品なんですが安かろう悪かろうなんですかね。
とりあえずビットにコロを組み付け直して続きを行いましたが大きな傷が出来てしまい補修の手間が増えてしまいました。
「藤原産業さん、どうしてくれるのよ」やれやれ。

ま、トラブルはありましたが一応全部の切削完了、開口部のコーナーが丸くなる欠点はありますが鋸と鉋よりはずっと楽に加工できます。

穴あけが終わったので今度は外側の板の張り付けです。
昨日もちゃんと固まってくれたので今晩も大丈夫かなと思いながら気温を測るとなんと昨日よりもさらに3℃くらい低くて2℃以下、今日は無理なようで諦め。
仕方がないので焼酎で温まって寝ることにします。

0 件のコメント :

コメントを投稿