船を作ろう 多目的ハンガー


パドルに目鼻がついたのでこれをどこに積載するか考えないといけません、
適当に前部船体に放り込んでおく手もありますが船の揺れで行ったり来たりしてくれても困ります。
どこに積載するか考えないといけません、適当に前部船体に放り込んでおく手もありますが船の揺れで行ったり
来たりしてくれても困ります。
全体の長さが110cm程度であれば中央座席と船首バルクヘッドの間に収まってくれるので都合がいいのですが 
今回は145cmで作ったので収まってくれません。 
先に作ったちょい小さめのブレードを組み合わせて110cmのものも作ってみようかと思っていますが
どちらにしてもどこかに結わえておかないと邪魔になりそうです。
悩んだ結果、今後何にでも対処できるように写真のような丸穴をたくさん開けたハンガーを
左右にくっつけることにしました。
この穴にゴムひもを通したり、ロープを通したりして何でも縛れるだろうとの魂胆です。
ちょっと恰好が悪いですが便利さ優先です。
1x材を使いましたが穴のふちの部分は5~6mmの厚みしかないのでちょっと強度が心配、
試験のため穴にロープを通して両手でぶら下がってみました。
これは難なくクリアーしてOK, 私の体重までは大丈夫なようです。
そうは言っても、軽量スマートな私の体重では参考にならないかなと思ったので今度はロープの
片側を足で押さえて両手で引っ張ってみました。
多分背筋のほうが強いでしょうから120kgくらいでしょうかね、
手が痛くなりましたがこれでも大丈夫だったので穴が壊れることはまずなさそうです。
とりあえず船首バルクヘッドの手前に接着するつもりですが、同じようなものをあちこちにくっつけておいたら 
トラックの荷台のロープ掛けと同じで便利そうですね。
でも正直言って、この穴あきパーツ、作るのに結構手間隙かかるのであまり作りたくありません。
穴あけは簡単ですが穴のふちと内側をきれいにするのが大変なんです。
出来合いで穴がたくさん開いた部材があればいいのですが。
写真が力いっぱいピンボケですが、接着したときに撮りなおしてアップします。 

0 件のコメント :

コメントを投稿