船を作ろう ブームージョー


先に作ったマストとスプリットに追加してブームも作り始めました。帆の一番下側を支えるのがブームと呼ばれています。これは左右に自由に動かせる必要があるのでマストと合わさる部分に写真のようなブームージョーと呼ばれる仕掛けが必要です。こうやって見るとなんだか百足の頭みたいですね。
最初の計画ではこのブームは使わない予定だったのですが竹が余ったのと、ブームがあったほうがタック(方向転換)がやり易いと聞いた(読んだ)ので作ってみることにしました。
6.5mmのバーチ合板の端材を3枚張り合わせ、真ん中の口の部分はあらかじめホールソーで丸穴を開けておいてからジグソーで切り出しました。あごの部分を切り出したら竹の穴に差し込んでエポキシで固めてしまいます。このときに竹の曲がりの方向をよく見てマストと組み合わせたときに上のほうにエビ反りになるようにセットしました。
この首の部分は上側に帆を結びつける穴、下側には帆とブームを下に引っ張るためのロープを結びつける穴が必要らしいのですが何も考えずに切り出してしまったので穴を開ける余裕がありません。 首に直接ロープを巻きつけることにします。
ブームの先っぽというか尻尾というか反対側は先に作ったマストと同じようにSPF材を差し込んでカンナで整形します。
まだ、グラスファイバーテープでの補強とエポキシコーティングの工程が残っていますが これで船体と一緒に持ち運ぶマスト類が3本になりました。
嫁さん、「えー、こんなにたくさん軽トラに積めるのー?」だって。 本当はメインのマスト長いのでは2分割にしたかったんですが、接続部の工作と強度に自身が持てず1本の通しになってしまいました。ちょっと軽トラからはみ出しますが許容範囲内でしょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿