トレーラー 窓の結露

ひじゅんⅢが停泊している港でのヨット仲間との忘年会、SB2はとても船内に宿泊できる状態ではなく 代わりにキャンピングトレーラーを引っ張って港まで行きました。
結果的には暖房設備が整っているトレーラーの中での忘年会となりました。

最初はトレーラーのFFヒーターを使いましたが音がうるさいのと暑いくらいに効きすぎるのでカセットボンベのガスストーブに切り替え、おかげで快適すぎるくらいで気が付けば0時を回って1時過ぎ。
いやー、気持ちよく酔ってしまいました。
お仲間は船で就寝、吾輩はそのままトレーラーで就寝。
気持ちよく眠ったんですが問題は窓枠の結露、ガスストーブから出る水分と人からの水分でびしゃびしゃを通り越して水滴がしたたり落ちています。
(最近のキャンピングカーはどれも二重窓になっていてこんな問題は起きないようですけど。)
一生懸命雨対策の防水をしてもこれでは意味がありませんよね。
ま、家と違って毎日この状態が発生するわけではないのでそのうちに乾いてしまい 使っていないときにも起きる雨漏れよりは問題は少ないかもしれません。
ただそうは言っても結露が無いに越したことは無いので出来れば対策したいところです。

断熱2重窓に交換出来れば簡単なんでしょうけどネットで調べてみても同じようなサイズのものは見当たりません。
どうやら後付けの内窓を自作するしか解は無さそうです。
う~ん、既設の窓の開閉もできる薄型の後付け内窓ーーー、ハードルが高いですね。

SB2のエンジンの問題とこの結露対策、その他諸々 考えることが多すぎです。
そんな訳で、今日も夜更かしで焼酎ーー、言い訳っぽいですかね。

0 件のコメント :

コメントを投稿