ホンダ・リード ジャンプスタート端子


さっそく充電兼ジャンプスタート用の端子を付けました。
端子と言ってもごく普通の6mmのねじとナットです。
場所はハンドル下のグローブボックス内、普段見えるところには付けたくないですからね。



少し格好よく付けようと思いましたが 生憎、グローブボックスの背面はいろんなパーツが押し込めてあって配線の邪魔をしています。
穴をあけやすく、配線もしやすい場所を選んだら右側と左側のボックスに+と-が別れてしまいました。
ま、+と-をショートさせる可能性が少なくなるのでこれで良しとします。

まずは電線の加工、両端に圧着端子を付けます、バッテリー側は5mmのリング端子グローブボックス側は6mmです。 
電線は2㎟を2本パラで使いましたがシングルでも十分なはずです。これをコルゲートチューブに通して電線は出来上がり。
まずグローブバックス側に電線をねじ止め、普段と違ってねじの頭ではなく足のほうをボックス側にします。この方がジャンパーケーブルを接続しやすいですからね。
プラス側は赤色のビニールテープで極性表示をしましたが、ねじを締めこんだらくちゃくちゃになってしまいました。
ま、色が判ればいいでしょう。



マイナス側は写真に写っている制御ユニットを取り外して後ろ側に穴を開けて取り付けました。

グローブボックス側が終わってからバッテリーの端子にリード端子を共締めし、後は電線がぶらぶらしないように結束し、フロントカウルを戻して終了。

これで補充電とか、万が一の時のジャンプコードの接続が簡単になりました。

ホンダさん、次のモデルでは標準で装備してください。

0 件のコメント :

コメントを投稿