トレーラー ガス漏れ箇所発見

ガスコンロのつまみの修理は成功、無事取り付きOFF位置の確認が確実に出来るようになりました。
それでもガスゲージは元栓を閉めた後10秒足らずで赤になってしまいます。
寄り道のついでですからこの際ガス漏れ箇所を徹底調査することにしました。
方法は最も原始的ですが最も確実な泡を使った検出。
嫁さんが洗剤類をしまってるところをひっかきまわしたらかんたんマイペットなるノズル付きの洗剤が見つかりました。 これはおあつらえ向きということでこれで調査開始。
あちこちのガス管ジョイント部に吹き付けて泡を見ますが床下に分岐が沢山集まった所も含めてどこにも漏れの形跡なし。
こうなるとガス器具の中で漏れてることしか考えられません。
ただ機器の中は泡チェックが出来ないので機器への接続を外して様子を見てみるしかなさそうです。
幸いフレアープラグが残っているのでこれが活躍、外したガス管はこれで塞いで漏れ具合をチェックします。

で、見つけました。FFヒーターへの配管を外した時には元栓を閉めた後も1時間たっても表示は緑のまま、FFヒーターの中で漏れていることが確認出来ました。



写真は外した部分とフレアープラグで塞いだガス管です。
この中には温度調整のため燃焼をON/OFFするために電磁バルブが有りますがOFFの状態でもガスが漏れていると考えるのが妥当なようです。1~4の番号が付いてるのがバルブのソレノイドです。

バルブシートの接触の問題かもしれないと思いしばらくFFヒーターを運転してみました(運転すると温度調節のためON/OFFを繰り返すのでそのたびに電磁バルブが動きます)がリークは止まってくれませんでした。

さて此処までは判りましたがさてどう修理したらいいんでしょうね?
普通だったらバルブアッセンブリーを交換となるのでしょうけど古い機種だし交換部品を探すのは骨のようです。
調整だけで直れば万々歳なんですけどね。
ま、ガス漏れの原因がはっきりしただけでもいくぶんかすっきりしました。

0 件のコメント :

コメントを投稿