ステレオ INTEC205引退、CR-N765へ引き継ぎです

今となってははっきりした購入時期は覚えていませんがたぶん2000年頃に秋葉原で購入したONKYO INTEC205、アメリカ駐在にも付き合ってくれ120Vでの使用にも耐え今日まで頑張ってくれました。

それでも寄る年波には勝てずCDプレーヤーとMDプレーヤーは数年前に動かなくなり、数日前にチューナーが壊れてしまい、残ったのはアンプのみになってしまいました。
ま、音楽はすべてPCに吸い上げていてDAC(ONKYO SE-U55SX)経由で聞いていましたし、放送はネットラジオを聞けば困ることは少ないのですがこの際ということで新しいネットワークCDレシーバーを購入しました。

買ったのは同じONKYOのCR-N765なるモデル、時代の流れでネットワークに接続して音楽ファイルを直接再生が出来たり、インターネットラジオなどのストリーム再生が可能になっています。



早速オーディオラックに設置してみました、今まで4個のユニットが収まっていたところが1個だけになってしまいましたからガラガラで少し寂しい感じがします。
インターネットのモデムとワイヤレスルーター、バックアップ用のHDDを一緒に収めてみましたが視覚的なバランスはいまいち。
そのうちに目隠しなども含めて何か考えたいと思います。

アンプに接続しているのはCATVチューナーからの音声出力、テレビ本体からの音声出力、パソコンからDAC経由の光ディジタルです。
ホームネットワークに直接つながるのでDACは不要になるかもと思ったのですが動画再生時の音声とか対応できないネットラジオなどもあって無くすことはできませんでした。

*テレビ音声が2系統あるのはチューナーからの直接信号が音質はいいのですが映像との時間ずれが有って口パクになるためドラマなど音質を問題にしないときにはテレビ本体からの出力を使い、音楽番組の時には口パク無視でチューナー出力を使っています。

さて実際に動かしてみますが最近の電子機器の常で直感的にな操作は無理でマニュアル無しでは使えません、おまけにリモコンからじゃないと機器本体の押し釦だけでは操作が煩雑です。
しばらく格闘してやっと音が出るようになりました。

まず便利になったのは音楽再生、今までは音楽再生用の2台目のパソコンにリモートデスクトップで接続してDAC経由で再生していましたがメインPCから直接キャスティングで再生できるようになりました。
次はラジオ、今まで受信状態が悪くってほとんど聞いていなかったローカル局がネット(radiko.jp)経由で綺麗な音で聞けるようになり今までパソコンを起動しないと聞けなかったネットラジオも直接選択して聴けるようになりました。
残念なのはNHKはネット経由でのURLを公開していないのでこれは今までのように2台目のPCでらじらじるを使って聞くしかなさそうです。

少し操作がややっこしくなったので私自身も操作に慣れるのに少し時間が必要ですが さて、嫁さん自分で使いこなしてくれるでしょうか?

0 件のコメント :

コメントを投稿