トレーラー ドアノブチェック

のんびりした話ですがエアコンを取り付けようとし始めた割には新しいドアを作るための構想がまだまとまっていません。

ドアを頑丈に作るためにはドアの厚みをなるべく増やしたいところですが気になるのはドアノブ、外側に出っ張らないノブを探すのは大変そうなので今付いているものを再利用するつもりです。
ただ、これがどの程度融通が利くかでドアの作り方が変わってきます。

外から眺めていただけでは構造も取り付け方法も分からないので取り外してみました。
室内側のねじを緩めたら簡単にノブ部分が外れました。
こうやって見るとノブに付いた爪でラッチを引っ張っているのでドア厚みを増やすと爪が掛からなくなってしまいそうです。
ドアを厚くする場合でもこのノブの部分だけは今の厚みをキープしなきゃいけないようです。

で、ドアの厚みを測っておきました、37mm。

ドアノブを外したことでドア自体の構造も推測できました。
スチールのフレームに外側は2mmほどの厚みのFRP板、裏側は0.5mm程度の鉄板をビニールコーティングしたものを貼り付け最後にアルミ押し出しの縁をねじ止めしてあるようです。
これでは改造しようとしても無理がありそう、さっさと諦めてて良かったです。

うだうだしていたら結局来年に持ち越しになってしまいました。
ではよいお年を。

0 件のコメント :

コメントを投稿