車 なんかおかしい、その2 ホイールボルト

先日のホイールボルト緩みの続きです。
ボルトのチェックにあわせて冬タイヤに履き替えたのですが
ボルトと取り付け穴のスレッドが傷んでいないか気をつけながら冬用に交換したら、
ボルトが3-4回 回った時点で止まってしまいます。
あー、やっぱりスレッドがやられたかと思い、今度はホイール無しでボルトだけ差し込むと何の問題も無く
最後まで入ってくれます。 ??
夏タイヤが付いてる純正のホイールで差し込んでから止まるまでの回転数を調べたら6-7回まわさないと
止まりません。
今まで、インパクトレンチでギュイーン、ガガガってな感じで締めていたんで
締まるまでの回転数なんて気にならなかったんですが3回で止まってしまうということは1.5mmピッチですから
ネジが噛んでる長さは3山の4.5mm。
ネジは3山掛かっていればいいとは聞くもののちょっと短いような気もします。
今まで知らなかったんで気にもせず走っていましたが、一度気になってしまうとちょっと心配。
で、少し長めのものを買おうと調べていると同じサイズでもネジ座面がR14のものと60度テーパーのものの
2種があります。
今付いてるやつはR14タイプなので当然このタイプで長いものをと思ったのですが、ちょっと気になって現物を
確認してみると。
なんと、冬タイヤのホイールはテーパーになってるではありませんか。
実はこれMLに付いてましたという中古タイヤをホイールごと買ったんで座面形状が純正と違うなんて
疑いもしませんでした。
おまけに座面は深い穴の奥で見づらいですから。
結局テーパーのホイールにR14のボルトを使ってたのでテーパーの口で引っかかって
奥まで進まずにいたようです。
どの程度の差になるかエクセルで図をかいてみてみると、その差4mm強、回転数にして3回転弱分短く
なっています。
結局、ホイールの厚みの差ではなく、座面形状が合わなかったが原因で噛みこみが少なくなっていました。
ということで首下長さは一緒で座面形状60度テーパーのボルトを購入することにしました。
うーん、知らないとは恐ろしい、きっとボルト緩みの騒動が無ければ毎冬この状態で廃車するまで
過ごしていたかもしれませんね。
新しい60度テーパーのボルトに変えたら7回転ほどでしまりますので
約10mmの掛となります、一安心。
でも座面の形状については無知でした、お恥ずかしい

0 件のコメント :

コメントを投稿