トレーラー ドア(はみ出した接着剤とエアコン取付枠)


暫く中断していたトレーラードア
表板のトリミングが終わったので入り口に合わせてみました。
サイズはぴったり、しっかり測って作ったんで当然ですよね。












ただ合わせてみてどうしようかなと気になるのが内側の網戸用の戸当たりとの隙間。
ドア本体は外側にある戸当たり部のパッキンでシールされるので気密性に問題はないはずですが網戸は外してしまう予定なのでこの隙間はしっかり目につくことになります。






これがドア本体と網戸を横から見た写真ですが網戸の厚み分とドア本体との隙間分を合わせた厚みが上写真の隙間分になります。
ドア側にこの分の厚みの下駄(枠)履かせてしまいますか。







悩んでばかりだと先に進めないのでとりあえずこの問題は先送りして表板フランジ部に付いた接着剤の手直し作業をすることに。

鉋、ノミなども使ってみましたが一番使いやすかったのはヤスリ、先端でこすると合板部分はあまり削れづに接着剤が削れてくれます。
ここは最終的にはドア防水パッキンを貼る予定なので多少の凸凹はドンマイです。
ある程度平らになったところで「ま、いいか」にしました。

この後エアコン取付部の枠を作って合わせてみました。
上と下の板だけでも良かったんですが4方に枠を付けたほうが見栄えも良さそうだし 開口部のカバーを取り付けるときにこの板厚を生かせそうなので枠の形にしました。
まだこの枠は追加の加工が要るので取り付けはまだです。

今月中にエアコン取付を終わりたいのですが寒くて指先は痛いしどうなることやら。

0 件のコメント :

コメントを投稿